任意売却と不動産競売の違い

HOME > 任意売却と不動産競売の違い

売却方法によってこんなに違う!「任意売却」と「不動産競売」

住宅ローンなどが払えなくなった場合、そのままにしていると「競売」によって不動産を売却されてしまいます。その前に適切な価格で不動産を売却するのが「任意売却」です。まったく異なる方法ですので、不動産の売却をお考えなら、まずはそれぞれの売却方法について確認しておきましょう。

売却方法の比較

  任意売却 競売
任意売却 競売
概要 債務者と債権者の間に仲介者が入り、所有者(債務者)・債権者・買主の納得のいく価格で、売却を成立させる。 借入れの担保となっている不動産を裁判所が最低売却価格を定めて強制売却する。
売却価格 市場価格とほぼ同じ 市場価格の5~7割
引越費用 捻出できることがある 捻出できない
資金持ち出し なし 基本的になし
返済金額 多い 少ない
退去 協議のうえで決定 場合によっては強制退去
期間 比較的短い 長くなりがち
プライバシー 周りには知られずに進められる 周りに知られる可能性がある
残債交渉 可能 不可能

上記の通り、任意売却のほうが競売よりも圧倒的に大きなメリットが得られます。競売にかけられてしまう前に、ぜひ弊社まで任意売却をご依頼ください。お客様のお話をじっくりとヒアリングしたうえで、適切な対処をご提案します。

任意売却と競売の比較事例

実際に任意売却と競売それぞれで不動産を売却した場合の事例をご紹介します。

市場価格 1,500万円
住宅ローンの残額 2,000万円
売却方法 任意売却 競売
売却価格 1,300万円
※市場価格の80~90%
850万円
※市場価格の60~70%
※競売にかかる費用を引く
残債務 700万円 1,150万円

任意売却のメリット・デメリット

解決の事例

不動産売却のこと、お気軽にご相談くださいお問い合わせTEL:092-523-6600メールフォームはこちら>>

売却の不動産基本情報
  • 不動産を売り出す前にまず知っておきたい大切なこと
  • 今は売り時・買い時?中古住宅を上手に売る方法
  • 売るのいい?貸すのがいい?
  • 売れないときのチェックポイント
任意売却について
  • このような方はすぐにご相談ください
  • 任意売却とは
  • 任意売却メリット・デメリット
  • 任意売却と不動産競売の違い
  • 解決と事例
  • お問い合わせからの流れ
  • コンセプト・会社概要
  • お客様の声
  • よくある質問

お問い合わせ・無料査定フォーム