任意売却とは

HOME > 任意売却とは

まずは「任意売却」の基本を知ろう!

「任意売却」とは、住宅ローンなどの融資を受けているものの、返済が困難になってしまった場合に行う手続きのことです。融資を受けている人(債務者)と金融機関(債権者)との合意に基づき、不動産を処分します。

何らかの事情で住宅ローンなどの返済ができなくなった場合、金融機関は担保となる不動産物件を差し押さえ、不動産競売の申し立てをします。任意売却は、競売によって物件が処分されてしまう前に一般の流通市場で買い手を探す方法となります。

任意売却のメリット

融資を受けている方のメリット金融機関のメリット
  • ・不動産売却後の残債務の返済がスムーズ
  • ・引越費用などを手当てしてもらえることもある
  • ・競売よりも多く融資金を回収できることが多い

任意売却のための条件

任意売却を円滑に行うためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 依頼者と任意売却専門業者の間で常に連絡がとれること
  • 依頼者本人か連帯保証人が決済に来られること
  • 共有名義人がいる場合、その方と連絡がとれること
  • 対象物件に実際に住んでいる方の協力が得られること

※上記の条件が満たせない事情がある場合でも売却できることがありますので、まずはお気軽にご相談ください。

任意売却豆知識

任意売却は自分で依頼するのが吉

金融機関から任意売却のための不動産業者を紹介してくるケースがあります。こうした業者は基本的に金融機関にとって有利になるように動きます。自分で業者を探して依頼するのが理想的です。

任意売却は競売開始決定通知が届いてからでもできる吉

競売開始決定通知が届いてしまったら、もう競売しかないと思われている方も多いのですが、実は通知が届いてからでも任意売却は可能です。ただし、入札期日の通知が送られてくる前に売却する必要があるため、時間に余裕はありません。競売開始決定通知が届いた場合は、即座に行動を起こしましょう。

任意売却しても債務が残ることがあります

任意売却を行っても、債務が残ってしまう場合があります。その場合は債務の支払いを続けていく必要があります。ただし、任意売却後は無理な請求をされることはありません。生活に支障のない範囲で月々の返済額を決めることができるでしょう。

任意売却にはどんなメリット・デメリットがある?

任意売却と競売はどう違う?

不動産売却のこと、お気軽にご相談くださいお問い合わせTEL:092-523-6600メールフォームはこちら>>

売却の不動産基本情報
  • 不動産を売り出す前にまず知っておきたい大切なこと
  • 今は売り時・買い時?中古住宅を上手に売る方法
  • 売るのいい?貸すのがいい?
  • 売れないときのチェックポイント
任意売却について
  • このような方はすぐにご相談ください
  • 任意売却とは
  • 任意売却メリット・デメリット
  • 任意売却と不動産競売の違い
  • 解決と事例
  • お問い合わせからの流れ
  • コンセプト・会社概要
  • お客様の声
  • よくある質問

お問い合わせ・無料査定フォーム