よくある質問Q&A

HOME > よくある質問Q&A

Q&A

売却する際には何を準備すればいいですか?
売却相談をする際は、所有不動産の詳細が分かるものを準備しておくと相談がスムーズに進みます。以下のようなものを準備しておきましょう。
  • 1.権利証(所有不動産の面積や名義人を確認するために必要です)
  • 2.分譲時のパンフレットや土地の測量図や建物図面など
売り出し価格はどのように決めるのですか?
売り出し価格は、弊社がお客様に提示する「査定価格」を参考にして、お客様(売主)に決めていただきます。査定価格とお客様の希望売却価格に差がある場合は、担当者と十分に打ち合わせたうえで売り出し価格を決めることをおすすめします。
折込広告や新聞・住宅雑誌への掲載といった広告費用は誰が負担するのでしょうか?
広告費用はすべて不動産会社が負担いたします。成約に至らなかった場合も同様ですので、ご安心ください。
物件に住みながら売却はできますか?
はい、可能です。実際、中古物件の場合は住みながら売却される方が多数いらっしゃいます。売却後の明け渡し時期につきましても、買主様の事情なども考慮して調整できますので、お気軽にご相談ください。
売却している事を近所に知られたくないのですが、隠せますか?
はい、可能です。近隣に広告を行わず、信頼のおける不動産業者に物件情報を紹介するといった売却方法なら、近隣の方に知られることはありません。ただし、販売条件が狭まってしまうため通常の売却よりも成約に至るまでに時間を要することがあります。
売却にはどんな費用が必要ですか?
売却に必要な諸費用の額は、売却する不動産によって異なります。主な費用は以下のとおりです。
  • ・印紙代(売買契約書に貼付する印紙)
  • ・仲介手数料
  • ・住宅ローン返済に関するもの(抵当権抹消費用・司法書士手数料など)
  • ・譲渡所得税・住民税(売却して利益が出る場合)
※各種、優遇税制があります。詳細は担当者にご確認ください。
「任意売却」とはどんなことですか?
住宅ローンを支払えなくなった場合に行う処置で、債務者と債権者との合意のもと適正価格で不動産を売却することです。不動産業者に仲介してもらい、売却の手続きを行いながら、不動産についている担保をすべて抹消します。
詳しくは、こちらをご覧ください。
任意売却をすると住宅ローンは完全になくなりますか?
不動産の売却だけでは住宅ローンが払いきれなかった場合は、残りの住宅ローンを返済する必要があります。返済は無理のないペースに調整できますので、ご安心ください。
任意売却にはどれくらいの時間がかかりますか?
すぐに買い手が見つかった場合は1~3ヶ月ほどで終わることもありますが、長い場合は1年以上かかることもあります。
任意売却の専門業者と一般の不動産業者はどう違うのでしょうか?
任意売却では、一般的な売却物件とは異なり、債権者との交渉という業務が発生します。一般の不動産業者の場合は債権者との交渉についてノウハウを持っていないことが多いため、任意売却なら専門業者に依頼するべきでしょう。
任意売却の手続きを進めて買い主が見つかった場合、すぐに退去しないといけませんか?
手続きを進めて買い主が見つかった場合、金融機関との金額交渉に1~2ヶ月ほどかかります。そのため、買い主が決まってもすぐに明け渡しが必要になることはありません。すぐに退去できない事情などがある場合も、お気軽にご相談ください。
競売開始の通知が来てからでも任意売却できますか?
はい、可能です。ただし、競売が始まっている場合は「開札日の前日まで」という時間制限がありますので、できる限り急いで対応する必要があります。

無料査定に関するお問い合わせはこちらから

不動産売却のこと、お気軽にご相談くださいお問い合わせTEL:092-523-6600メールフォームはこちら>>

売却の不動産基本情報
  • 不動産を売り出す前にまず知っておきたい大切なこと
  • 今は売り時・買い時?中古住宅を上手に売る方法
  • 売るのいい?貸すのがいい?
  • 売れないときのチェックポイント
任意売却について
  • このような方はすぐにご相談ください
  • 任意売却とは
  • 任意売却メリット・デメリット
  • 任意売却と不動産競売の違い
  • 解決と事例
  • お問い合わせからの流れ
  • コンセプト・会社概要
  • お客様の声
  • よくある質問

お問い合わせ・無料査定フォーム